2005.04.30(土) 
■何故か空振り
 一昨日、簡易温室に隔離していた南仏産産卵セットを暴いてみた。同じ隔離組のシリア産は20匹、トルコ産25匹、イタリア産9匹と中々の成績を収めていたので、かなり期待していたのだが、どういう訳か南仏産は全くの空振りであった。

 まず、割り出す前に表面を観察した時点で他の3産地のような目立った産卵痕を確認できなかったので一抹の不安を感じてはいたのだが、まさか全く産卵していなかったとは驚きである。条件は他の3産地と全く同じであり、♀も勿論、交尾を確認した個体を選んでいるのにこの結果である。この2日間、家族サービスをしつつも、産まなかった原因についてあれこれ考えを巡らせてみたのだが、どうにもさっぱり「これ」といったものが思い当たらない。少々間を置いてから再セットしてみようと思うが、それで駄目ならまた新しいセット方法を考案せねばならないだろう。

フランス産INDEXへ