2005.05.16(月) 
■割りカスから幼虫一匹
 簡易温室隔離組で唯一の空振りに終った南仏産の材の割りカスを廃棄処分(細かく砕いて幼虫のエサに転用)する前に念のため、改めてみた。
 すると、木口部分の破片の中から食痕が現れ、幼虫を発見することができた。「こりゃ、他にもいるかも」と気を良くして、片っ端から割りカスをチェックしてみたが、結局回収できたのはこの一匹のみであった。

 ウチのユーロオオクワーズの中では古参と言える南仏産から、ようやっと幼虫を回収できたのは嬉しいのであるが、一匹だけとはこれはどうしたことか。トルコ産やシリア産の20匹を超える成果がウソのようである。
 環境に問題が無いとなると、恐らくは材の選定の問題なのであろう。これまでコナラ材では成果が上がらなかったので、今回は柔らか目のクヌギ材を使用したのであるが、これがお気に召さないとなるとカワラ材か霊芝材を投入するより他はないだろう。

 回収した幼虫は、120ccのオオヒラタケ菌糸カップに投入してみた。キノコ嫌いを克服するために他の飼育材と併せて購入しておいたものである。菌糸飼育は幼虫のエサの食べっぷりが見た目に明確なので、エサの交換時期が分かり易い所が中々便利である。今の所感じるメリットはこの程度であるが、いつの日かもっと他のメリットを見出せる日が来ると良いなと思う。

フランス産INDEXへ