2005.05.22(日) 
■でるでる蜜の木
 先日、近所のホームセンターへでかけた所、昆虫用品コーナーにて、「でるでる蜜の木」なる商品を見かけた。蜜がどう「でるでる」なのか気になったので、箱を手にとり、中身を見てみると、樹脂で出来た切り株のような物体が出てきた。樹脂製とは言うものの、一瞬本当の木を加工したのかと思う程の質感で中々良く出来ている。
 で、切り株の切り口の真ん中に半透明の樹脂で出来た蓋がついており、側面には円形のメッシュのようなものが取り付けられている。蓋をとると中は空洞になっており、この洞の底からは更にメッシュへと繋がる横洞が穿たれていた。つまり、この空洞部分に液体を入れると、それがメッシュの部分に染み出してくるという仕掛けになっているのだ。蜜を入れれば、メッシュから蜜が「でるでる」である。ここにクワガタが群がってチューチューするのだ。

 この種の商品は随分前から存在していると思うが、私が知っているものはいずれも天然木を加工したものである。私も広告を見て触発され、自作したことがあるが、家庭用電動ドリル一本で作るとなると結構面倒臭い。しかも私の場合、労力を軽減する為に朽木を利用して作成したので、蜜が染み出る部分を中心にクワガタ共に齧られまくって、一年程でボロボロにされてしまった。今でもコクワケージ内に設置してあり、一応は機能はしているものの、次第に産卵木として利用されつつある。
 それに引き換え、この「でるでる蜜の木」は樹脂製なので、齧られてボロボロになるということは考え難い。値段も400円台とリーズナブルであったので試しに購入してみた。

 本日、この「でるでる蜜の木」を南仏産ケージに設置してみた。南仏産は頭数が多いので、エサ場は多いに越したことはない。現状は16gゼリーを2つ仕込めるエサ皿を一つ入れてあるだけである。
 エサ皿と「でるでる蜜の木」を併用する為に、一旦産卵材を取り出し、ケージ内のレイアウトを変更する。ふと産卵材の菌種穴を見ると、中に♂が一匹潜んでいた。他の穴にも1〜2匹づつ入っており、集合住宅状態であった。
 産卵材をケージの隅の方に再設置した結果、エサ皿と「でるでる蜜の木」の両方を設置するスペースが産まれたので、両者を適当に配置し、蜜の木に蜜を満たしてみた。するとジワジワとメッシュ部分に蜜が染み出し、やがて溢れ出て、滴が側面に沿って滴り落ちた。後はユーロオオクワ共が群がってチューチューするのを待つだけである。

フランス産INDEXへ