2005.05.26(木) 
■群がってチューチュー
 日曜日に仕込んだ「でるでる蜜の木」であるが、どうもこれを仕込んでから、どういう訳か南仏産ユーロオオクワーズが余り表に出でこないようになり、「でるでる蜜の木」でエサを食べる姿を見ることはなかった。
 以前にも書いたと思うが、彼等がマットの上に出て活動するのにはどうも周期があるようで、何日か続けて姿を見せたかと思うと、暫く出てこないというのを繰り返している。

 本日、南仏産ケージを覗いてみた所、地表を闊歩する姿は相変わらず見られなかった。今日もダメかと諦めかけたのだが、良く見てみると、「でるでる蜜の木」の根元の部分に半ば体をマットの中に隠しながら蜜をチューチューしているユーロオオクワの姿を見ることができた。良く見ると3匹が群がってチューチューしている。

 ゼリーの方には全くたかっていなかったので、「でるでる蜜の木」をかなり気に入ってくれたのかも知れない。確かにこちらの方が全身を晒さずともエサを食べられるので、元来臆病で隠れたがりの彼等にとっては好ましい環境なのではないだろうか。

フランス産INDEXへ