2005.06.02(木) 
■2月末セットの材を割出し
 2月27に飼育ケージ内にセットしたコナラ材を割出してみた。
 十分に加水したつもり(大抵丸一日は水に浸けている)なのだが、どうしたことか材は乾燥気味で、ドライバーを中々差し込めない位に固くなってしまっていた。これはどうしたことか?
 この材を選んだ時は、そこそこ柔らか目の材を選んだつもりだったのだが、ケースから取り出す際に取り違えでもやらかしたのだろうか? それとも、水分が抜けて固くなったのか?

 材の表面にはそこそこ齧り跡が見られる。自然界ではかなり固目の材であっても産卵するらしいので、例え元々堅めの材であったとしても、多少は産卵している可能性があるだろう。
 木口の縁の部分はやや柔らかくなっているので、そこにドライバーを差し込み、材を割ってみた。すると食痕と共に幼虫の姿が現れた。一安心である。

 しかし、それからは、割れども割れども食痕も幼虫も卵も現れず、更に材が固くて容易に割る事が出来ず、作業は難航した。半分位割った所で手が疲れてきてしまったので、ここで作業を中断することとした。
 割り残した材は割りカスと共にビニール袋に詰め、霧吹きで多目に水を吹き付けた上で保管する。これで一ヶ月程置いておけば、多少は柔らかくなるだろう。その頃に改めて割出してみることにしたい。一匹とは言え、幼虫がいたからには、まだ何匹か潜んでいる可能性は充分考えられるだろう。

フランス産INDEXへ