2005.06.11(土) 
■霊芝材空振り&産卵木投入
 先日割出した材に代る新しい産卵木を投入すると共に、ケージ内に残しておいた霊芝材を改めてみた。

 霊芝材は1/4程度にカットしたものを投入したのだが、坑道が一本穿たれていた他、複数の齧り跡が認められた。しかし、割出してみた所、幼虫はおろか、卵すら見つけることが出来なかった。

 新しい材は、硬くも柔らかくもない平均的な硬さのコナラ材を選んでみた。
 これまで南仏産には、樹種も硬さも色々と試してみたが、せいぜい幼虫一匹採れるか採れないかでしかなかったし、他の産地ではかなりの効果があった隔離セットへの投入も、結果は幼虫一匹回収できただけであった。
 このように、樹種、材質、環境とあれこれ試してみたものの、全く成果があがらなかったので、今回は初心に立ち返り、中道というか、何の変哲もない材を選んでみた次第である。

フランス産INDEXへ