2005.07.24(日) 
■菌糸カップ交換
 5/16に回収し、試験的に菌糸カップにて飼養していた幼虫のエサ交換を実施した。これまでは120ccの菌糸カップを用いていたが、表面の白い部分が殆ど無くなる程に、粗方食べ尽くしてしまったので、本日届いた同じ銘柄の200ccカップへと移し変えることとした。これで羽化迄持っていけるだろう。

 幼虫を取り出してみると、マット飼育の個体と比べ、体色が全体にクリーム色をしており、体格も良く、脂がのっているのか、よりツヤツヤとしているように思う。体長自体はマット飼育の個体より極端に大きいということはないが、全体的にコロコロと太っているので、見た目にはより大きく育っているように見える。やはり菌糸で育てた方が大きな個体を育てるという意味では有利なのかも知れない。

フランス産INDEXへ