2005.08.08(月) 
■幼虫2匹回収
 飼育ケージにセットした材がぼちぼち2ヶ月経つので、割出してみた。
 南仏産はどういう訳か、隔離セットを組もうが、樹種を変えようが、余り産んでくれていないので、今回は期待である。

 材は硬すぎず、柔らかすぎずの状態ではあるが、芯が殆どないコナラ材を使っている。これを取り出して表面を観察する限りでは、材を貫通して穿たれた坑道が一本ある他、坑道や齧り跡があちこちに見られ、かなり産んでくれていそうな気配であった。

 マイナスドライバーを用いて、まずは材を半分に割る。期待に反して食痕は見られない。
 そこで木口の齧り跡を中心に材を細かく割ってみると、まだ黄色い状態(=産んでから余り日が経っていない)の卵が出てきた。とりあえず産んではくれているようだ。
 更に割出しを進めた所、孵化したてっぽい幼虫2匹と更にもう1卵を回収することが出来た。

 まだ多少の見落しがあることを考慮しても、かなりショボい結果であったが、南仏産としては、これでも最高の結果である。従って、過去のセットに比べれば、今回のセットは彼女達にとってはまだ条件が良かったのであろう。そして、この点からもクヌギかコナラかといった樹種は産卵結果に余り影響しないようにも思える。樹種よりは、太さであるとか、湿度であるとかいった環境要因の方が重要であるように思える。

フランス産INDEXへ