2005.08.21(日) 
■産卵木投入&滅亡の危機
 休養の為、暫く産卵木を入れずにおいていた南仏産ケージに産卵木を投入した。
 今回は芯が少な目で、柔らかく、比較的径の太いクヌギ材である。これをマットに2/3程埋没させる形でする。

 その過程で、マットを掘り返していると、次々とユーロオオクワの死骸の一部が転がり出してきた。ちょっと数が多いので、生存数を確認してみると、4♂♂1♀を確認できた。♀はどうも初期に購入したWD個体のようである。南仏産はまだ幼虫4匹しか回収できていないので、これはちょっとヤバい。この♀もそう長く生きるとは思えない。下手をするとこれがラストチャンスである。

 既に回収している4匹が、うまいこと♂♀に化けてくれれば良いが、この数だと全数♂乃至は♀という可能性も無きにしもあらずで、少々心配である。欲を言えば、もう10匹程度は欲しい所だ。比較的入手容易な南仏産とは言え、今いる個体でなんとか累代したいと考えている。

フランス産INDEXへ