2005.10.24(月) 晴 最高室温:26.2℃ 最低室温:23.5℃
■益々滅亡の危機
 とうとう最後の♀が死亡してしまった。♂も3匹中2匹が死亡し、南仏産成虫は残り1♂という状況である。

 セットから2ヶ月が経過したので、最後の望みを託して、材の割出しを試みる。が、材をマットから取り出した時点で、全く齧られていないことに気付き、愕然とする。
 菌種穴から穿孔して産卵している可能性に賭けて、割出してみたが、食痕はおろか、卵一つ見つからず、全くの空振りに終った。

 それにしても、南仏産♀は本当に何をやっても産んでくれなかった。他の産地では中々の結果を出した隔離セットに投入しても殆ど産まず。飼育ケージ内にセットした材も同様であった。
 最盛時には3♀♀がいたにも関わらず、回収できた幼虫はたったの4匹であり、内2匹は既に落ちてしまっている。残り2匹の幼虫が無事♂♀一匹づつになってくれれば良いが、そうでない場合、また一から累代をやり直すことになる。

フランス産INDEXへ