2005.11.08(火) 晴 最高室温:25.3℃ 最低室温:22.3℃
■大形♀羽化
 5/16に割り出し、即日菌糸カップに投入したF1幼虫が♀の成虫となっているのを確認した。
 この個体は外からは全く見えない所で活動しており、蛹化したのかどうかも定かではなかったのだが、菌糸の劣化が甚だしく、未だ蛹化していないとしても、エサを交換してやる必要があったので、どんな具合かと掘ってみた所、蛹室から大形の♀が現れた。

 ノギスで計ってみると、サイズは大凡27.5mm といった所である。
 ♀でこれ位のサイズになると、ユーロオオクワ的な可愛らしさは影を潜め、中々に貫禄のある虫になる。体色はコクワっぽいが、体型からすると小型のヒラタ♀といった雰囲気である。

 菌糸飼育した個体であっても、20mmちょっとにしかならない場合もあるのだが、この個体を見ると、やはり菌糸はデカくなるのではないかという気がしてくる。
 他の個体と比べ、比較的長期間幼虫として菌糸の中で育ったというのがポイントであるように思うが、ちょっと飼育履歴を振り返ってみて、次代の飼育に反映させてみたいと思う。

 現在、滅亡の危機に瀕している南仏産であるが、これでどうにか♀を確保することはできた。残りの幼虫が♂として羽化してくれることを祈るばかりである。

フランス産INDEXへ