2006.04.11(火) 曇後雨 最高室温:22.5℃ 最低室温:20.3℃
■やっぱり滅亡の危機
 本日、パリ近郊の森産成虫を掘り出すついでに、南仏産の最後の一匹の幼虫がどうなっているのか確認してみた。こいつが無事♂成虫となってくれれば、何とか南仏産の累代を続けて行くことができる。言わば、南仏産最後の希望の綱である。

 が、その希望の綱である幼虫は、蛹室の中で黒いブヨブヨの固まりになっていた。前蛹の段階で死んでしまったようだ。
 これで南仏産の累代は断たれてしまったことになる。こうなったら♀の命がある内に、新たに♂成虫を購入するしかない。
 それにしても、この南仏産は、かなりの数の成虫を揃えたにも関わらず、殆ど産んでくれなかった。他のバカスカ産んでいる産地と全く同じようにセットを組んできたつもりなのだが、何がいけなかったのか、未だに良く分からない。大分コツは掴んできたと思うので、次は何とか他の産地のように繁殖させるべく、リベンジしたいと考えている。

フランス産INDEXへ