2004.12.24(金) 晴 最高気温:℃ 最低気温:℃
■ギリシャ産ユーロオオクワ幼虫
 ネットオークションで落札したレア産地ユーロオオクワ幼虫の一つがこのギリシャ産である。以前より非常に気になっていた産地であるので、嬉しさもひとしおである。
 と、いうのも、ギリシャのユーロオオクワが原名亜種なのか、それともトルコ産のように、♀上翅に浅い縦条が現れるタイプなのか気になっていたからである。

 ギリシャとトルコは一応、エーゲ海で隔てられてはいるが、エーゲ海と黒海を繋ぐボスポラス海峡は、川と言っても差し支えない程度の幅しかない、大変狭い海峡に過ぎない。こうした地理的状況を考えると、ギリシャにトルコ産と同じタイプのユーロオオクワが生息していても不思議ではないだろう。
 今回入手した幼虫は、ギリシャでもOSSAという、ペロポネソス半島のエーゲ海岸のほぼ中央部に位置する地方の個体である。ボスポラス海峡からはちょっと距離があるが、どちらの型のユーロオオクワに化けるか楽しみで仕方ない。

 現時点ではまだ初齢であるので、羽化は早くても来年6月頃であろう。頑張って、入手した4匹を無事成虫にしてやりたいものである。