2005.05.15(日) 曇時々晴
■エサ交換&一匹死亡
 ギリシャ産幼虫が入ったプリンカップの中身が大分スカスカになっていたので、エサ交換を実施した。
 一旦幼虫達を暫定性別(売り主が私に販売する時点で取り敢えず判断した性別)毎にマットごと容器に出し、そこから古いマットを新しいエサの入った容器へと移して混入する。この時点で♂とされる2匹の内の一匹が死亡しているのを発見した(写真右)。
 他の3匹は順調に成育しており、まだ蛹化の気配はないが、皆3齢幼虫になっていた。これと死体とを比べてみると、死体の幼虫は死後萎んだことを考慮に入れても大分小さく、実際にはかなり前に2齢の段階で死亡していたものと思われる。

 一応、暫定性別ではまだ2♀♀、1♂残っていることになっているので、彼等が無事成長してくれれば繁殖に支障はないが、幼虫の性別判断は中々に難しいものがある。チェコ産の例のように、♂だと思っていたら♀だったということもままあるので、とりあえず♂♀1匹づつは羽化してくれるよう祈るのみである。

ギリシャ産INDEXへ