2005.07.12(火) 
■ようやっと前蛹に
 本日、4月中旬に回収したトルコ産幼虫とムシモン幼虫の一部が早くも前蛹状態になっているのを確認したが、昨年12月中旬孵化のギリシャ産幼虫もようやっと前蛹にまで漕ぎ着けた。前者は孵化後3ヶ月であるのに対し、こちらは7ヶ月かかってようやっとである。もっとも本来はこれ位が普通で、3ヶ月とか半年で成虫になる方がむしろ早過ぎると言えよう。

 3ヶ月で前蛹となったトルコ産やムシモンはかなり小振りな個体であるが、こちらはさすがに7ヶ月かけただけあって、特別大柄という訳ではないが、そこそこの大きさに育っている。
 川のようなボスポラス海峡を挟んだ隣国のトルコに分布するユーロオオクワは、♀の上翅に縦条が見受けられる等、明らかに欧州の原名亜種とは異なる特徴を有しており、恐らくは亜種となるのではないかと私は考えている。ギリシャ産が原名亜種とトルコ産とどちらのタイプになるのか、予てより興味を持っており、これを確認するためには、ある程度の大きさの個体が欲しい所である。♀はともかくとして、♂はある程度のサイズでないと大腮や頭盾、前胸背板形状の相違等分りづらいからである。

ギリシャ産INDEXへ