2005.07.20(水) 
■ようやっと蛹化
 前蛹状態だった3匹の内の一匹が遂に蛹化した。残りの2匹も2〜3日の内には蛹に化けるだろう。

 7月に入って、各産地共に蛹化ラッシュとなっている。殆どは今年4〜5月に割出した幼虫達なのだが、昨年12月孵化のギリシャ産もほぼ時を同じくして蛹化したということは、恐らくは梅雨明け以来の高温がその原因の一つなのであろう。
 現状では、エアコン等で室温のコントロールは行っていないのだが、より大きな個体に育てようと思うなら、夏場の温度管理は必須と言えそうだ。梅雨の頃の室温は高くても30℃を超えることはなかったので、梅雨入り以降は25〜27℃前後にコントロールしてやると、蛹化の時期をもっと遅らせられるのではないかと思う。

ギリシャ産INDEXへ