2005.08.01(月) 
■1♂羽化
 最初に蛹化した♂が羽化した。昨年12/17に初齢で割出しであるから、孵化から凡そ7ヶ月半で羽化したことになる。飼育下のユーロオオクワとしては、早くも遅くもない標準的なペースであろうかと思う。そもそも4月孵化のトルコ産等の幼虫達の成長が速過ぎるのだ。

 さすがにそれなりの時間をかけて成長しただけあって、早期蛹化の個体と比べるとかなり大きな個体となっている。と言っても25mm程度であろうか?
 何はともあれ、ある程度の大きさに育ってくれたので、ギリシャ産ユーロオオクワの特徴は確認し易いのではないかと思う。

ギリシャ産INDEXへ