2005.08.12(金) 曇後雷雨
■2♂♂掘り出し
 羽化した2♂♂の体が大分黒くなってきたので、本日掘り出してみた。
 体長を計測してみた所、23mmと20mmであった。

 他産地の原名亜種の個体と比べても、大腮形状や全体のバランス、体色、艶等にこれといった違いはないように思う。強いて挙げれば、前胸背板側縁前端が他産地のものと比べるとより緩やかに前縁へと繋がっているような気はする。
 ユーロオオクワの場合、♂よりも♀の方が産地や亜種毎の特徴が顕著に出る傾向があるので、♀を見ればもうちょっと色々なことが分かったと思うが、残念な結果に終ってしまった。♂を見る限りでは、他産地同様の原名亜種であるようだ。

ギリシャ産INDEXへ