2005.09.14(水) 
■成虫1ペア追加購入
 ♀蛹が羽化寸前で死亡してしまったために頓挫しかけていたギリシャ産ユーロオオクワのブリーディングであるが、先日、幸いにもネットオークションにて同産地、同累代のペアを落札することができた。これで何とか仕切り直しが出来そうである。

 さて、以前より気になっていた、ギリシャ産ユーロオオクワが他の欧州各国同様の原名亜種タイプなのか、隣国トルコ産のような上翅に縦条が走るタイプなのかについても、♀成虫を入手したことでハッキリさせることができた。ユーロオオクワの場合、♂よりも♀の方に顕著な外観上の差異が生じるようなので、♂を見ただけでは何とも言えない部分がある。しかし本日、♀を見た所、どうやらギリシャ産は原名亜種であるようだ。フランスやスロバキアあたりの個体と比べてみても、特にコレといった違いは見受けられない。

 どうやら、シリア産やトルコ産のような、♀上翅に縦条が走るタイプのユーロオオクワはボスポラス海峡を越えて西側に分布することがないようだ。肝心のトルコ産の詳細産地が不明なので、断言は出来ないが、ひょっとすると、上翅に縦条の走るタイプのユーロオオクワはトルコでも東の方(シリア寄り)に分布しているのかも知れない。

ギリシャ産INDEXへ