2005.09.18(日) 晴 最高室温:30.0℃ 最低室温:25.9℃
■産卵セット作成
 新たにギリシャ産成虫ペアを入手することが出来たので、頓挫しかけていた累代飼育を再開することとした。今回入手したペアも既に後食しているようであるし、生き残りの2♂♂も既に後食に及んでいることから、どの♂とかけあわせるかをまず考えねばならない。とりあえず3匹の♂のコンディションに差はないので、ここはサイズ優先で選んでみることにした。
 クワガタの場合、幼虫時の環境要因によって成虫時のサイズが左右されるので、成虫の大きさにこだわるのもどうかと思うが、まあ、それであれば、敢て小さい個体を使う必要もないということになる。3匹の♂の内、新たに入手した個体が僅差で一番大きいようなので、こいつを使うことにした。

 産卵セットはSolid Box50 というコンテナボックスに、柔らか目のコナラ材を9割方埋没させるスタイルにて組んでみた。ユーロオオクワは乾き気味の材には産卵しないので、こうしておくことで、材の湿度を保ち、♀が好む環境を維持することができると考えている。

ギリシャ産INDEXへ