2005.12.07(水) 晴 最高室温:20.5℃ 最低室温:17.1℃
■割出し空振り&温室投入
 9/18 セットの材を割出してみた。

 まず、材の表面をチェックしてみると、マット埋没部底部にあたる菌種穴の中に♂が頭を突っ込んでいるのが見えた。ピンセットで引きずり出してみると、奥には更に♀が潜んでいた。どうやらこの穴で夫婦揃って休眠中であったようだ。なんとも仲睦まじく、羨ましい限りである。

 しかし、休眠中ということは、産卵には及んでいないという事である。
 案の定、表面には齧り跡が殆ど見受けられない。木口の部分に2箇所、浅い齧り跡があったのみである。
 割出してみたが、幼虫はおろか、卵すら見出せず、全くの空振りに終わった。
 割りカスは念の為保管しておくが、これはちょっと望み薄であろう。

 さて、最低室温が17℃を下回らない程度で休眠しているとなると、そもそも未だ成熟していないという事が考えられる。羽化日は♂が8月上旬、♀が8月中旬とのことであるので、かれこれ3ヶ月が経過したことになる。
 我が家で春〜初夏にかけて羽化した個体は、割りと早く交尾〜産卵を始めた(速い個体で羽化後1ヶ月未満)し、室温的には春頃と今とでそれ程の違いはないと思われるが、やはり気温が徐々に上がっていくのと、下がっていくのとでは、積算温度的には同じであっても、活動のスイッチのON/OFF に微妙な影響があるのかも知れない。そう言った意味では季節的な影響と言えるだろうか。ならば、温度変化のない環境ではどうであろうか?

 そこで早速新しい産卵木をセットし直し、温室へ入れてみることにした。
 温室は現在、「オオクワ・パラレリ化計画」の為に、28℃の設定で稼動させているが、これではちょっと高過ぎるので、25〜26℃程度で安定するように調節してみた。シリア産やトルコ産はこの設定でバカスカ産んでくれたので、期待である。
 これでも産まないということであれば、少なくとも、夏〜秋に羽化した個体は、この時期には産まない可能性が高いと考えざるを得ない。

ギリシャ産INDEXへ