2006.05.02(火) 曇後雨 最高室温:25.1℃ 最低室温:23.2℃
■またまた空振り
 昨年12/7 セットの材を割出してみた。
 木口部分を中心に、それなりに齧った跡が見受けられたので、これでやっとギリシャ産幼虫を回収できるかと期待が高まったのであるが、割ってみた所、食痕一つ出てこなかった。従って、元々産卵していなかったものと思われる。

 2度も続けて空振りとなると、♀が未だ成熟していない可能性も疑うべきかも知れない。他の産地の個体でも、初夏迄に羽化した個体はその年の内に産卵を開始するが、そうでない場合、翌シーズン迄産まないという個体が多いように思う。この♀も羽化したのは初夏を過ぎてからのようなので、産むのはこれからということなのかも知れない。

 いずれにせよ、いい加減産んでもらわないと困るので、早速新しい材を仕込んで、再度セットを組んでみようと思う。

ギリシャ産INDEXへ