2006.05.03(水) 晴 最高室温:24.1℃ 最低室温:22.1℃
■再々セット
 早速ギリシャ産のセットを組んでみた。
 材は軟らか目のコナラ。マットはこれまでの物をそのまま流用である。
 ♂♀共に元気そうで、今度こそはキッチリ産んで頂きたい。

 オオクワ系のブリードで耳にする話しの一つに、「菌糸で育った親の子は、菌糸で大きくなるが、そうでない場合は大きくなりにくい」というものがある。親から子に引き継がれるバクテリア等の関係でそうなるらしいが、それならば、「クヌギで育った子はクヌギに産み易く、コナラには産みづらい」といったような事もあるのだろうか?
 これまでの所、全体的に見渡せば、クヌギとコナラとで産卵数に大きな差はないように感じているが、一方で、クヌギとコナラ両方を一度にセットした場合、クヌギを選ぶ個体とコナラを選ぶ個体がいるのもまた事実である。また、コナラでは全く産まなかった個体が、クヌギに変えた途端に産み出したとか、その逆のパターンもあった。
 勿論、前者の場合は材の状態の微妙な差で選択が行われており、後者の場合はたまたま交換の時期と成熟の時期が重なったといった理由が真っ先に考えられはするが、親の生活史がある程度子に引き継がれるのだとしたら、親が育った産卵材の樹種であるとか、菌糸瓶や発酵マットのベースとなったオガ粉の樹種が、子が産卵木を選ぶ際に影響するような気もしないではない。

 尤も、クワガタの場合、樹種よりも朽ち方の方が重要であるというのが定説とされている。しかし、自然環境下よりは変化の少ない(腐朽菌種との組み合わせパターンが少ない)飼育下においては、樹種によって朽ち方がある程度決まってしまうようにも思われる。何しろ大抵はシイタケ栽培のホダ木なのである。従って、朽ち方で選んでいるとしても、この場合、やはり樹種によって左右されるということになるだろう。飼育環境が固定されがちな累代飼育の場合、この辺の影響が産卵木の選択に及ぶのかどうか、少々気になる所ではある。

ギリシャ産INDEXへ