クロアチアではユーロオオクワを"Mali jelenak"(マリ イェレナク)と呼ばれています。

"Mali" は「小さい」、"Jelenak" は「クワガタ(ユーロミヤマ)」を意味する言葉のようですのので、クロアチアでもユーロオオクワは「コクワガタ」と呼ばれていることになります。
更に調べてみますと、"Jelenjak" は、鹿を意味する"Jelen" と、「小さい」という意味を表す接尾辞"-ak" からなっており、直訳すると「小さな鹿(のような虫)」となります。従って、全体では「小さな鹿のような虫の小さい奴」といった意味になるようです。


<クロアチア産ユーロオオクワ関連サイト>

ENTOMOLOSKI VODIC(クロアチア語)