和名 ユーリケファルスヒラタクワガタ
学名 Dorcus eurycephalus Burmeister, 1847
分布 ジャワ島
体長 ♂=47.0 - 78.6mm
♀=32.0 - 35.0mm
成虫寿命 1〜2年
幼虫期間 1〜2年
亜種 なし

インドネシア語ではクワガタのことを"Kumbang rusa" と呼ぶようです。"Kumbang" は、「甲虫」、"rusa" は「角」を意味し、「角のある甲虫」という風に捉えられているようです。

ユーリケファルスヒラタクワガタは、ヒラタクワガタの中でも古い時代に種分化した種群の一つであるとされております。♂の体のサイズとは関係無く、大腮形状に長歯型、中歯型、短歯型のヴァリエーションが現れるのが特徴で、長歯型はチタヌス系の所謂ヒラタクワガタに近い雰囲気となりますが、短歯型はどちらかと言うとオオクワガタの系統に近い雰囲気となります。また、♂の頭楯の形状もヒラタクワガタよりはオオクワガタに近く、これらの事から、オオクワの系統とヒラタの系統とが分かれ始めた頃の種の特徴を有しており、オオクワにおけるアンタエウスオオクワガタに似た位置付けにある種なのではないかと思われます。

写真の個体は短歯型ですが、大腮中央部分の内歯に加え、基部近くにも1対の内歯が存在しています。これはユーロオオクワやムシモンオオクワ、クルビデンス、ホペイ系統のオオクワガタに見られる、大腮下面の内歯状突起に相当するものだと思われます。また、♀もヒラタクワガタとしては、上翅の点刻列が比較的明瞭であり、これらの点からも本種は、ヒラタ系とオオクワ系両方の特徴を有している、原始的なドルクスであると言えそうです。

近縁種として、ボルネオ(カリマンタン)島にトラキクスヒラタクワガタDorcus thoracicus、スマトラ島にアルキデスヒラタクワガタDorcus alchides が分布しており、互いに良く似た外観を有しておりますが、混生することはないようです。最近のDNA解析に基づく研究では、この3種の中でもユーリケファルスが最も古く分化した種であるそうです。また、頭楯形状がユーリケファルス−アルキデス−トラキクスの順にチタヌス種に近い形状に変化して行き、恐らくはこの順で共通の祖先種から種分化していったのではないかと思われます。


入 手 履 歴 産 地 累代 入手数 死亡数 生存数
2006.02.04 ジャワ島・ハリムン産WD×1♂1♀購入
2006.04.30 WD×1♀死亡確認
2006.04.30 F1幼虫×15回収
ハリムン産 WD 1♂
1♀
0♂
1♀
1♂
0♀
F1 15 0 15
001 ユーリケファルス・パラレリ化計画 2006.02.05
002 産卵確認! 2006.02.19
003 ♀脱走未遂、再セット 2006.03.13
004 ♀死亡、F1幼虫回収 2006.04.30