和名 ライヒヒラタクワガタ
ヨツバヒラタクワガタ
学名 Dorcus reichei Hope, 1842
分布 中国、台湾、ベトナム、ラオス、タイ、ミャンマー、マレーシア、インドネシア、インド、ネパール、ブータン
体長 ♂=23.0 - 90.0mm
♀=23.0 - 35.0mm
成虫寿命 1〜3年
幼虫期間 2〜3年
亜種 Dorcus reichei reichei Hope, 1842 ミャンマー、タイ、ラオス、ベトナム、インド、ネパール、ブータン
Dorcus reichei clypeatus Benesh, 1950 台湾
Dorcus reichei hirticornis (Jakowlew, 1896) 中国
Dorcus reichei prosti (Boileau, 1901) マレーシア、ボルネオ島
Dorcus reichei hansteini (Albers, 1889) スマトラ島

インドネシア語ではクワガタのことを"Kumbang rusa" と呼ぶようです。"Kumbang" は、「甲虫」、"rusa" は「角」を意味し、「角のある甲虫」という風に捉えられているようです。

本種は「ヒラタクワガタ」の名がついていますが、♀や小型の♂の上翅に点刻列(縦条)が出る点や、♂の大腮形状、頭楯形状等を見ますと、我が国のスジクワガタに近い種であるように思います。
♂の大型個体では写真のようなコクワ乃至はスジクワ似の姿となりますが、小型個体や40mm以上の個体が余り見かけられない台湾亜種D.r.clypeatus では小型オオクワに似た姿となり、特に台湾亜種には「セスジオオクワガタ」の和名がつけられている程です。

中国から東南アジア一帯に広く分布し、産地により5つの亜種に分類されています。大陸産を中心に、内歯の先端付近から小歯が分岐するタイプのものが存在し、これにより、本種は「ヨツバヒラタクワガタ」と呼ばれることもありますが、写真のスマトラ産等、島嶼部の個体群はこの小歯を欠く傾向が強く、四つ葉状になりません。


入 手 履 歴 産 地 累代 入手数 死亡数 生存数
2006.01.07 スマトラ島・ベンクール産WD×1♂1♀購入 スマトラ・ベンクール産 WD 1♂
1♀
0♂
0♀
1♂
1♀
001 ライヒ・セスジオオクワ化計画 2006.01.07