イスラエルではユーロオオクワを上のタイトル画像のように表記するらしいですが、ヘブライ語はさっぱりですので、発音や意味は不明です。ユーロミヤマ(Lucanus cervus syriacus)のことは "Chipushit ayal"(鹿のような甲虫の意)と呼ぶそうです。
イスラエルの昆虫サイトOz's Insect Worldの記事によれば、イスラエル北部〜中部にかけて分布しているそうですが、それほど頻繁に見かけられる虫ではないようです。
同サイトに掲載されている♀の写真を見る限り、欧州の個体と比べて全般に光沢が強く、上翅に縦条が比較的はっきり現れるシリア変種Dorcus parallelipipedus var. reicheiに近い特徴を有しているようです。イスラエル産ユーロオオクワはシリア変種か別亜種になるのではないかと思われます。


<イスラエル産ユーロオオクワ関連サイト>

Oz's Insect World --Lucanidae of Israel(英語/ヘブライ語)