2004.12.05(日) 雨後晴 最高気温:25℃ 最低気温:℃
■イタリア産ユーロオオクワ
 昨日、シリア産ユーロオオクワを買いに近場のクワガタ店へでかける前に、もう一つ目をつけていたイタリア産ユーロオオクワを扱っている店に注文の電話を入れてみた。
 イタリアのユーロオオクワは、北部のアルプス山麓に原名亜種の Dorcus parallelipipedus parallelipipedus が、中部以南には亜種の Dorcus parallelipipedus truquii が分布している。もし、その店のユーロオオクワがイタリア中部以南の産地のものであれば、トルコ亜種、原名亜種、シリア変種に次いで、ユーロオオクワの4産地目にして4タイプ目となり、それぞれの特徴を見比べる点で大変好都合である。
 D.p.truquii だといいなという期待を込めて、「産地はイタリアのどの辺りですか?」と尋ねてみた所、「申し訳ありませんが、イタリアという所までしか分からないんですよ」との解答であった。詳細産地が不明なのは残念であったが、とりあえず買ってみて、フランス産のものと比べてみれば、答えを得られるかもしれない。異なる特徴を見い出すことができれば、それはイタリア亜種と看做せるであろう。

 午後3時過ぎ、宅急便でイタリア産ユーロオオクワが届けられた。関東から遠く離れた店で、初めて利用してみたのであるが、電話での応対も親切丁寧であったし、商品の発送もスピーディーで大変好感を持てた。そして何より、届いたユーロオオクワは♂♀共に大変元気であったのが良かった。


 さて、イタリア産ユーロオオクワを観察してみる。まず♂は、体格的には同サイズであるフランス産の原名亜種と比べ、大顎がやや太く、内歯がより長く突き出している。そして、原名亜種やトルコ、シリア産では余り発達しない大顎裏面の内歯が比較的良く発達していた。勿論、ムシモンオオクワ程顕著ではないのであるが、イメージ的にはこれに近い感じの大顎である。また、上翅もフランス産と比べると光沢が強いような気もするし、前胸背板側縁形状もやや丸まった印象である。
 一方、♀は、現在所有している他のどの産地の個体とも似ていない。色艶に関してはフランス産よりやや光沢のあるトルコ産に近い感じであるが、トルコ産♀の上翅には浅い点刻列が認められるのに対し、こちらは点刻列ではなく、小型のオオクワ♂の上翅や、ヒラタ系ドルクスの上翅に時折現れるような縦隆条が比較的はっきりしているものだけで左右それぞれ2本づつ、計4条認められた。

 僅かに♂♀1個体づつ見ただけであるので、現時点では到底断言出来るものではないが、これはイタリア中部以南に分布するとされるイタリア亜種 D.p.truquii である可能性が高いのではないだろうか?
 イタリア亜種の特徴について、まだ詳しい情報を掴んでいないので、まずはそれを調べると共に、今後累代して、同じような形質を持つ虫が出てくるかどうか確かめてみたいと思う。


 ひとしきり観察を終えた後、ユーロオオクワ達を入っていたプリンカップに一旦戻し、ケージのセットアップを行う。
 最初はいつも通りにガラス水槽でと考えていたのであるが、今回は2匹だけであるし、余り広過ぎても♂と♀が出会う確率=交尾する確率が落ちるような気もしたので、暫くは余っていたコバエシャッターミニを使うことにする。
 産卵木は手元にストックしてあった最後の1本が、小ケースに使うにはちょっと太過るので、明日にでも細目のものを調達してくるとしよう。とりあえず今日はマットを敷いて、転倒防止用の木片と餌ゼリーを入れるに留めておく。

 準備が出来た所で、ユーロオオクワ達を移し変えるが、昨日のシリア産同様、一旦マットに潜った後、暫くすると這い出てきてケージ内を徘徊しだした。勿論、まだ昼間である。

 イタリア産よ、お前もか?

 こうして見ると、フランス産以外は全て明るい内でも活動するようだ。
 トルコ産はそうなる迄にちょっと時間がかかったことを考えると、ひょっとすると、南に行く程、日中に活動することに抵抗がないといったようなことがあるのだろうか?