2004.12.19(日) 晴後曇 最高気温:℃ 最低気温:℃
■引っ越し
 最近増殖気味の昆虫ケージを収納するための棚を物色にホームセンターに出掛けてきた。残念ながら、丁度良いデザインとサイズのものが品切れであったので、イタリア産ユーロオオクワ用の新しいケージを物色するため、水槽コーナーへと足を運んだ。

 これまで、イタリア産ユーロオオクワはコバエシャッターのミニで飼育していた。コバシャは普通のプラケ程、見た目もオモチャっぽくなく、コバエもシャットアウトできるので良いのであるが、いかんせん、ミニサイズに産卵木をセットしてあるので、容器の8分目程度にまでマットが達してしまい、表面を徘徊するユーロオオクワの観察がやりにくくなってしまっている。写真を撮る場合、どうしても蓋を外さないといけないのであるが、蓋を外すにはどうしても、それなりの力をかけなければならず、折角表面に出てきているユーロオオクワもその時の衝撃に驚いて、マットの中へと隠れてしまうのだ。
 一方、他の産地に使用しているガラス水槽は、それなりの深さがあるので、5cm程マットを敷き詰めても、表面を観察するスペースは充分確保できるし、フタもプラ製の一枚板が乗っているだけであるので、殆ど衝撃を与えずに取り外すことができ、観察や写真撮影にはうってつけなのである。ただ、今使っている水槽はシリーズ中最小サイズのものであるが、それでもユーロオオクワ1ペアには少々広すぎるきらいがある。理想としては、これの半分程度の幅の水槽があればベストである。

 水槽コーナーを見てみると、15cm×15cm×15cmのガラス水槽というのがあった。容積的には手頃ではあったが、使用されているガラスが6mmと厚く、何も入っていなくても結構重かった。また、値段も小さいクセに¥2500−と、今使っているガラス水槽の倍位している。ま、使っているガラスの厚さが違うし、各面の接続にプラフレームを利用せずに、ガラスの一体成形になっている等、より高度な技術が使われているので仕方ないのであるが、それでも小さい水槽の方が高いという点に、一抹の理不尽さを感じずにはいられない。
 更に見ていくと、ほぼ同じ寸法のアクリル水槽が¥1600−程度で売られているのを見つけた。但し、これはフィルター等とのセット物であった。別に魚を飼う訳ではないので、フィルターはいらない。水槽単体で売っていないものかと探してみたが、どういう訳か、このサイズのアクリル水槽はセット物しか存在していなかった。
 そこで、一旦水槽コーナーを離れ、アクリル素材コーナーへと向かった。良く考えてみれば、蓋を適当に自作してしまえば、普通のアクリルボックスを買ったって同じ事である。ただのアクリルボックスならば、もうちょっと安いのではないか?
 しかし、アクリルボックスの値段を見てみると、20cm角のもので¥2000−、15cm角のものでも¥1700−であった。しかも15cm角のものは在庫切れである。20cm角だとちょっとデカ過ぎる。いずれにせよ、フィルターとのセット物を買った方が安いということが分かった。これは驚きである。例え製造ロット数が格段に違うとしても、別に買ったら¥1000−はしそうなフィルターがついている上に、フルカラーの化粧箱にくるまれている「金魚飼育セット」の方が、ただのアクリルボックスより安いというのは解せない。なんかすごい価格体系である。

 仕方ないので、その「金魚飼育セット」を買ってみた。横幅はミニプラケと同程度であるが、立方体のため、高さと奥行きがある。マットを敷き、産卵木をセットしても、上部に必要充分なスペースを確保でき、観察や撮影も快適にできそうである。
 蓋は付属のものだと、フィルター取り付け部が開口している為、クワガタ飼育には不向きと思われた。水槽内には足掛かりがないので、そこからクワガタが脱走するということは余り考えられないのだが、これだけ大きな穴が空いていると、コバエやダニが外から容易に侵入できてしまう。ま、この付属の蓋の裏側にビニールシートでも一枚かましておけば良いのではあるが、手元にあったコルクボードを加工して、蓋を自作してみた。これならコバエをシャットアウトしつつ通気性もそれなりに確保できる上に、真上からの光を遮光できるので、部屋の照明をつけていても、水槽内をそこそこ薄暗くしておくことができる。もっとも、これまで見る限り、イタリア産は明るくても平気で活動しているので、無用な配慮と言えない気もしないではないが。

イタリア産INDEXへ