2004.12.21(火) 晴後曇 最高気温:℃ 最低気温:℃
■へばりつき
 トルコ産の飼育観察ノート11月4日の項で、トルコ産の♀が産卵木の木口にへばりついて、木口の部分で行ったり来たりしていたと書いたが、イタリア産の♂(以後、アントニウスと呼ぶことにする)も似たような行動をここ数日で行うようになった。

 場所は左の写真の通り、産卵木の中央部分だ。頭を自分で掘抜いた洞に突っ込んだ体勢で、時折軽く上下しつつ、私が見る限り、夕方位からずっとへばりついている。これは一体何をしているのだろうか?
 ♀なら卵を産むのに良さそうな場所を探っているのかとか思えるのであるが、今度は♂だ。
 考えられるのは、穴の中に♀がいて、それを見守っているとか、♀にモーションをかけようとモジモジしているとかいった所であろうか? 何をしているのか、本当に良く分からない。
 トルコ産♀はここの所、さっぱりそういう行動はとらなくなったので、恐らく一過性のものであろうと思われる。産地は違えど、♂も♀も似たような行動をとり、一過性のものとなると、やはり産卵や生殖活動に関連する何かではないかと推察するのだが、どうだろうか?

イタリア産INDEXへ