2004.12.30(木) 晴 最高気温:℃ 最低気温:℃
■場所移動
 最近、産卵木にへばりつきっぱなしのアントニウスであるが、ここ数日、へばりつく場所が材の中央から、向かって左端へと移動している。
 大体毎日夕方4時位から姿を現し、以後ずっと、同じ場所にへばりついて時を過ごしているのであるが、本当に何をやっているのであろうか? 以前は近寄ると、さっと直下にある穴の中に隠れてしまったものだが、最近は慣れてきたのか、全く逃げる気配がない。お陰で観察はやり易くなったが、頭を下にしてへばりついているばかりで、これといった動きが無いため、彼をそうさせている理由については何のヒントも得られていない。もっとも、そのこと自体にヒントが隠されているのかも知れないが。

 現在、ユーロオオクワの他に国産オオクワ、本土ヒラタ、アマミヒラタ、ダイオウヒラタ、コクワ、リュウキュウコクワ、ヤマトサビを飼育しているが、こうした行動は今の所、ユーロオオクワのイタリア産♂とトルコ産♀に見られただけである。産地と雌雄の別に関係なく同じ行動をとるということは、ユーロオオクワにとっては普遍的な習性であり、そうなると他のドルクス属のクワガタも、同じ習性を持っている可能性が高いのではないかと思うのであるが、比較的長く飼っているコクワやダイオウヒラタがそうしている所を見たことがない。

イタリア産INDEXへ