2005.01.12(水) 晴 最高気温:℃ 最低気温:℃
■エサ皿追加
 元々、このケージにはエサ皿を入れるつもりだったのだが、手元に程良いサイズのものが無かったので、蓋に十字の切り込みを入れたゼリーをそのままマットの上に置いて、茶を濁していた。
 勿論、エサを与えるという目的においてはこれで必要充分ではある。しかし、エサ皿を入れることにより、クワガタの隠れ場所が増えることになるし、クワガタのケージ内における行動の幅も広がるように感じているので、私は極力入れるようにしている。実際の効果の程は断言できないが、♂♀同居させる場合、産卵材以外に止まったり隠れたりするものがあった方が、♂が♀から離れる時間も多くなるので、♂が産卵しようとする♀にまとわりつくことも減り、結果として産卵数も増えるような気がしないでもない。

 先日、マットや産卵材と共に小型のエサ皿も纏めてオーダーし、ようやっとイタリア産ケージにもエサ皿を配置することができるようになった。皿の穴に、それまで床に転がしていたゼリーをセットすると、いつもは産卵木の端に常駐している♂が、エサ皿の上に登ってきて、ゼリーを食べ出した。
 その後もエサ皿の周囲をグルグルと回ったりと、いつもとは違った行動をとるようになった。これまでじっと産卵材の端にへばりつくのを常としていたのが、エサ皿を入れただけで行動パターンがグンと複雑になったように思える。観察という点からも、様々な様子のユーロオオクワを見ることができ、好都合である。

イタリア産INDEXへ