2005.03.01(火) 晴時々曇
■♂相変わらず
 ♂が相変わらず、穴に頭を突っ込んだままじっとして過ごしている。1/17に産卵木を交換してからは、産卵木切断面脇に穿たれた穴が定位置となっており、エサ皿に足をかけた状態で穴に頭を突っ込んでいたり、写真の位置で頭を突っ込んだりと多少の移動はあるものの、穴に頭を入れた状態でいることには変わりがない。

 前々から何でこんなことをしているのか気にかかっている。ひょっとすると、元々夜行性の虫なので、部屋が明るい時にそうしているのかとも考えてみたのだが、夜中に懐中電灯片手にこっそり覗いてみても穴に頭を突っ込んだまま静止していることがあるので、そういう訳でもないようだ。

 他の産地の個体にも似たような行動が見られない訳でもないが、これほどの長期に渡って続けているのはこいつだけである。それからもう一つ気になるのは、♀の姿を購入以来殆ど見かけていない点だ。これも何か関係があるのだろうか?

イタリア産INDEXへ