2005.03.21(月) 
■産卵状況チェック
 簡易温室に隔離した♀の産卵状況をチェックしてみた。地表に露出している部分に齧られた痕跡は見受けられなかったが、材の齧りカスが見られるので、その下の部分で齧っているのであろう。これまでは全く材を齧らなかったので、これは良い傾向である。

 これまでの環境との相違を考えてみると、まず材はコナラ材からクヌギ材に、平均気温は20〜22℃だったのが25℃前後に、そしてケージの置き場所が居間の片隅から終日暗い箱の中にといった点が挙げられる。これらの変更点の全てが良かったのか、一部の要因に決定的な理由があったのかは分からないが、とにかく材を齧るようになってくれて良かったと思う。
 無事繁殖できて、個体数が増えたら、その辺りについても実験をしてみたい所だ。

イタリア産INDEXへ