2005.04.25(月) 雨後晴
■幼虫回収
 シリア産、トルコ産に続き、本日は簡易温室隔離組のイタリア産産卵木を割り出すことにした。
 昨日の時点でシリア産20匹、トルコ産24匹と予想以上の収穫であったため、ストックしてあったプリンカップを使い果たし、トルコ産の割り出しを途中で止めざるを得なくなってしまったので、まずはプリンカップを調達しなくてはならない。仕事帰りに寄れる所でプリンカップを売っていそうな所となるとホームセンター位しか思い付かないのだが、一軒目は全く取扱っておらず、二軒目では大型しか在庫がなかった。三軒目でようやっと目的のサイズのものを見つけたが、店頭にある分以外に在庫は無いという事で、5個入り4パック、計20個しか買うことができなかった。

 帰宅後、夕食を済ませ、トルコ産の割り残しを片付けてからイタリア産に取りかかる。見た所、シリア産やトルコ産と比べて齧られっぷりが今一つのようなので、とりあえず入れ物は20もあれば何とかなりそうな予感である。さて、何匹回収できるだろうか?

 今回も材の表面から年輪にそって、一枚づつ材を削いでいく方式で臨む。一皮剥いた所で早速幼虫が姿を現した。まだ孵化して間も無い感じで、昨日回収したシリア産やトルコ産幼虫の平均的な大きさと比べてかなり小さい感じがする。また、幼虫や食痕の密度も明らかに低いので、それ程多く産卵してはいないようだ。恐らく、産卵を開始した時期がシリア産やトルコ産と比べて遅かったのではないかと思われる。
 それはともかく、昨日程ではないにしろ、材の表面近くから芯部に至るまで随所に幼虫は現れ、結局9匹を回収することができた。これまで全く幼虫を得られなかった事を考えると、イタリア産においても簡易温室に隔離した効果が如実に現れていると言えよう。

イタリア産INDEXへ