2005.05.18(水) 晴後曇
■落ち穂拾い2
 隔離セットのクヌギ材の割りカスの最終チェックを実施した。
 割りカスを保管してあったビニール袋を取り上げて、底の方を見てみると、幼虫の姿こそ見えないものの、新しい食痕とそれに伴う木屑が付着している木片があることに気付いた。

 早速その箇所を調べてみると、木屑の下から一匹の幼虫が現れた。まだ孵化してからそれ程経過していない感じなので、割りカスの中に残っていた卵が1〜2週間前位に孵化したのであろう。
 割りカスから回収できたのはこの1匹のみで、隔離セットから回収できた幼虫は合計11匹という結果になった。

 菌糸と発酵マットのどちらで育てるか迷ったが、他の10匹がマット飼育なのに1匹だけ菌糸で飼っても余り意味がないように思われたので、イタリア詳細産地不明幼虫は全てマット飼育とすることにした。

イタリア産INDEXへ