2005.05.29(日) 
■クヌギ材空振り
 2月20日にセットしたクヌギ材を検分してみた。が、加水が足りなかったのか、割ってみたものの、材の中は乾燥気味であり、卵も幼虫も全く見当たらなかった。そればかりか、そもそもこの材のどこを見ても、齧られた形跡が無い。全く見向きもされなかったようだ。

 仕方がないので、大きく割った材を再び纏め、輪ゴムでばらけないように固定した上で再度加水することにした。ついでに新しいコナラ材も一本追加する。これでクヌギとコナラどちらを好むか比較してみようと思う。

イタリア産INDEXへ