2005.05.30(月) 
■産卵木再セットアップ
 昨日加水しなおした2月20日にセットしたクヌギ材と、新しいコナラ材とを飼育ケージ内にセットした。
 クヌギ材の方は昨日割った関係で径が細くなってしまったので、マットに埋没させるようにし、コナラ材の方は頭1/3程露出させる感じでセットした。エサ皿は埋没させたクヌギ材の上に設置。

 気温、湿度共に大分上がってきたし、最近割り出す材からはそこそこ幼虫が回収できるようになってきたので、この材にも産んでくれるのではないかと期待している。
 イタリア詳細産地不明産の幼虫は既に11匹得られているが、途中で落ちる個体が出ることを考えると、もう10匹程度は欲しいと思う。最終的に5〜6ペアの成虫が得られれば幸いである。

イタリア産INDEXへ