2005.07.14(木) 
■コナラ材から幼虫回収
 ケージの底を這う幼虫を発見した。クヌギ材とコナラ材のどちらに産卵したのか(或いは両方?)は分らないが、材から埋め込みマットに抜け出しているということは、孵化してからそれなりに時間が経っているということであろう。これは割り出さねばなるまい。

 ケージから材を取り出す。コナラ材には木口をはじめ、そこかしこに齧った跡が見受けられた。特に木口からは2本の坑道が内部に穿たれているのが見えた。また、表面には幼虫の食痕も見られ、これは先程ケージの底で見つけた幼虫のものであろう。
 一方、マットに埋めておいたクヌギ材の方には目立った齧り跡は見られなかった。また、この材は以前大まかに割ったものを改めて束ね直して、マットに埋めたものであるが、特に大きくバラけることもなく、ほぼ埋めた時の状態を保っているようであった。

 まずは埋め込みマットを精査する。先程見えていた幼虫はすぐに見つかったが、マットからはこれ以外の幼虫は見つからなかった。やはり先程のコナラ材表面の食痕はこの幼虫のものなのだろう。と、なると、少なくともコナラ材には確実に産卵が行われているということになる。

 そこでコナラ材から割ってみた。全体の2/3程をマットに埋めていたので、湿度も充分保たれており、芯も殆どないので簡単に割ることができた。が、意外と食痕が見つからない。2本穿たれていた坑道の周辺を念入りにチェックしてみたものの、結局この材からは2匹の幼虫を得るに留まった。卵も全く見つからなかったので、恐らく元々余り産んではいなかったのだろう。

 次にクヌギ材である。
 マットに埋没していたので、湿度、柔らかさ共に程良い感じである。既にある程度の大きさに割れているので、まずはその断面を見てみたが、齧った跡もなければ、食痕も見られない。更に細かく割ってみたが、幼虫一匹、卵一つも出てこなかった。どうやら全く見向きもしなかったようだ。

 今回のクヌギvsコナラの勝負は一応はコナラの勝ちという結果となった。
 セット方法がクヌギは完全に埋設、コナラは1/3程露頭といった違いがあり、またクヌギの方は一旦割った材を束ね直したものであるので、公平な比較とは言えないが、逆に言えば、材のコンディション(径、湿度、硬さ等)が適切なものであれば、クヌギかコナラかといった樹種にはそれ程こだわりがないということかも知れない。

イタリア産INDEXへ