2005.07.19(火) 
■4〜5月回収幼虫エサ交換
新しいエサに早速潜ろうとする幼虫
 4〜5月に回収した幼虫達のエサがカスカスになってきたので、エサを交換すると共に、容器もこれまでの90cc乃至は120ccのものから、ほぼ倍の容積になる200ccのもに換えることにした。全員既に3齢となっているので、これで羽化迄持っていくつもりである。

 羽化と言えば、同時期に回収したムシモンやトルコ産の幼虫の一部が早くも蛹化し出している。ムシモンは10匹中5匹、トルコ産は27匹中10匹が蛹乃至は前蛹となっている。一番最初に蛹化が確認されたムシモンの場合、その10日程前にエサを交換していたので、それが引き金となって蛹化したのかとも考えられたが、やや遅れて蛹化が始まったトルコ産はエサ交換していなかったので、どうもそういう訳ではないようだ。
 他に考えられる理由としては、単に成長の速い個体もいるということか、夏になって気温がグンと上昇したこと等が考えられるが、前者だとするとちょっと数が多い気もするし、後者だとすると逆に数が少ないような気がする。蛹化した幼虫のサイズは兄弟姉妹の中でも比較的小振りな個体ばかりであるので、気温の上昇によって、温度変化の影響を受け易い小型個体が蛹化をはじめたといった所が真相であろうか? 産卵以後の成長過程における積算温度がある一定の値を超えると蛹化が始まるのだとすれば、大型個体は体の大きさ故に小型個体よりもより多くの熱を必要とする筈なので、とりあえずこの程度の気温上昇では、まだ蛹化のスイッチが入らないということなのかも知れない。
 本日、4〜5月に回収したイタリア・詳細産地不明幼虫を改めてみた所、前蛹になっていた個体は11匹中1匹のみであった。残りの10匹にはまだその徴候は見られなかったが、体格的には蛹化し始めた個体とそれ程の違いは無いように思えた。まあ、小さい生き物なので、僅かな体格差でも左右されるのかも知れないが、一概に小振りの個体だから、気温が上がると速く蛹化するという訳でもないような気もする。  

 さて、今回はエサの内容を若干変えてみた。従来はエサを交換する時点で、新しいエサに古いエサを2割程混入していたのであるが、簡単な事とは言え、数が増えるとその都度その都度の調合も中々に面倒な作業になるので、予め調合したものを用意しておいたのだ。
 これは、これまで与えてきたフジコン・SP発酵マットに、羽化済みのユーロオオクワに使用した廃マットや菌糸カスとユーロオオクワ用に使用した産卵木を砕いた物を混入したものである。当然これらのものには幼虫の糞及び幼虫にとって有用なバクテリアの類が含まれている筈である。産地や亜種、そして個体が違っても大丈夫なのか?という疑問が無い訳でもないが、元々、それ程大きな意味のある行為でもないと思うので、廃品処理も兼ねてこれを与えてみることとした。既に実験としてこのエサを与えてあるフランス・パリ産の幼虫もスクスクと育っているので大丈夫だろう。きっと。
 作業は必要量を纏めて加水して、新しい容器に詰めていくだけなので、すこぶるスピーディーである。
 200ccの容器10個を続け様に詰めて行っても、至極ラクチンであった。ラクチンついでにトルコ産のエサ交換もやっておくことにしよう。

イタリア産INDEXへ