2005.09.11(日) 曇一時雨
■F5♂、蛹室内で死亡!
 本日、先月〜今月にかけて羽化した成虫を掘出していた所、今月5日に羽化した♂が、蛹室内で死亡していた。別段羽化不全だった訳でもなく、小柄ながらもごく普通に羽化した個体だっただけに、何故死亡していたのか疑問が残る。

 この個体は蛹室内で仰向けになって死亡していた。仰向けになったまま起きあがれなくなって死亡したのかとも考えたが、狭く、足掛かりのある蛹室内でさすがにそれはないだろう。ダニ等の害虫の姿もなく、そういった者に吸汁されて衰弱死した訳でもなさそうだ。
 可能性があるとすると酸欠であろうか? 他の個体とマットの詰め具合等にこれといった違いはなく、また、他の個体は全てピンピンしているので、もしこれが原因なのだとしたら、何故この容器に限って酸欠状態になったのか、全くもって不明である。

 クワガタ飼育を始めてから、様々な種類のクワガタを育ててきたが、無事に羽化した個体が蛹室内で死亡した例はこれが始めてである。

イタリア産INDEXへ