2005.11.15(火) 曇 最高室温:23.0℃ 最低室温:20.0℃
■F5産卵セット2
 F4成虫ペアは未だ健在であるが、前回の割り出し以後、産卵木を投入せずに17cm角アクリル水槽にて飼育を続けていた。彼等の子であるF5新成虫達も大方は後食を始めたので、そろそろF4ペアは引退させ、この水槽もF5新成虫と入れ替えてみることにした。

 セット内容はこれまでとほぼ同様であるが、今回は材の保湿の観点から、コナラ材をほぼ完全に埋め込んでみた。この一年の飼育経験で、産む/産まないを分ける最大の要因は材の湿度にあるということが何となく見えてきた。湿気があり過ぎて、材がグズグズになってしまってもダメなのであるが、材を強く押した時に水が滲んでくる程度に湿度を保つ事が肝要なようである。

 イタリア産F5は♀の方が数が多いので、このセットには1♂2♀♀のトリオを投入してみた。この時期にセットしても、ちゃんと産むものなのかどうか見ていきたいと考えている。

イタリア産INDEXへ