2006.02.05(日) 晴 最高室温:23.3℃ 最低室温:20.4℃
■F5産卵セット3
 11/15 にセットした、チェコ・フルボツカー産ユーロオオクワが、室温にて産卵に及んだ(しかもマットに)のに驚かされた。しかし、この事から、ユーロオオクワはある一定の温度(と、恐らく湿度)条件を満たしさえすれば、冬季であっても産卵するのではないかと推察される。室温は大体、一日の最低が18℃前後、最高が22℃前後で安定しているので、大凡20℃を越えていれば大丈夫なのではないかという気がしている。

 今の所、産卵を確認しているのはこの一例のみであり、ユーロオオクワのセット数自体もそれ程多くはないので、余剰個体を使ってもう何セットか組んで、果たして室温でちゃんと産むのかどうか、追加データを得てみることにした。あと1ヶ月もすると暖かくなってくるので、この1ヶ月が勝負である。

 イタリア産は♀が余り気味なので、今回も1♂2♀♀のトリオを投入である。既に1ヶ月程前からペアリングケージに投入してあるので、ハンドペアリングは行わず、そのままセットに投入した。
 これでイタリア産F5は3セット目となり、この時季に産むかどうかは別にしても、それなりの数の幼虫が得られそうではある。

イタリア産INDEXへ