2006.03.12(日) 晴後曇 最高室温:24.9℃ 最低室温:20.9℃
■F6幼虫確認!
 2/5 に組んだセットにて、マットに産みつけられた卵と幼虫を発見した。今の所、幼虫3匹と卵2つを確認している。
 これでパラレリは真冬であっても条件次第では産むと結論づけられそうである。

 では、その条件とは何か?
 まず室温であるが、冬季の一日の室温は、最低が17℃程度、最高が22℃程度で推移しているので、大凡20℃程度を確保できれば問題無いと思われる。
 次に個体の条件であるが、これは、成熟さえしていれば問題ないようである。但し、これまでの経験上、盛夏〜秋に羽化した個体は、成熟する迄に時間がかかるというか、どうもスグに休眠状態に入ってしまうようで、こうした個体はいくら加温してやっても産卵には及びにくいようである。一方、春〜初夏にかけて羽化した個体は、速ければ1ヶ月以内に産卵を開始するので、どうもこの辺は体内時計の制約を受けているように思う。イタリア産F5も昨年の8月に羽化した個体を使って秋に組んだセットでは未だ幼虫が確認されておらず、どうやら成虫はそのまま休眠を続けているようである。2/5のセットに投入した成虫も同時期の羽化ではあるが、羽化後、マットを浅く敷いた成虫管理用ケースとペアリング用ケースで過ごしていたので、比較的早く休眠から抜け出したのではないかと推察している。
 従って、冬季に産卵させるには、その年の夏以前に羽化した、充分に成熟した個体を用い、20℃程度で温度管理をしてやれば良いのだろう。夏以降に羽化した個体は、無理せず、翌春迄休眠させておいた方が無難なようである。

イタリア産INDEXへ