2006.10.13(金) 晴 最高室温:27.5℃ 最低室温:24.7℃
■極小♂16mm羽化!
 F6幼虫の内、2匹が既に羽化し、内1匹がマット上を徘徊していたので、取り出してみることにした。蛹及び羽化直後の時点では、てっきり小型の♀だとばかり思っていたのだが、取り出してみてビックリ! なんと2匹とも、20mmに遠く及ばない極小の♂なのであった。
 2匹共非常に活発で、チョコマカ動きまくって中々うまくノギスをあてられないが、サイズはおよそ16mmと17mm。国産オオクワやホペイでもそうだったが、大型個体がおっとりしている種でも、小型個体になると活発になるようだ。小さい分、機動力を生かして生き残りを図ろうということであろうか。

 以前、画像BBSにてフランス在住のえいもんさんが、現地で採集された♂16mmの写真を投稿して下さった事があり、その小ささに感銘を受けると共に、飼育でこのサイズを出すのは中々難しいだろうと思った。そこで、初夏の時点でそれなりの数の幼虫を回収できていたイタリア産のF6幼虫にて、夏場の高温を利用して極小個体の育成を試みてみる事にしたのだが、今回は一応、目論見通りに成功したと言えよう。

 飼育の過程を振り返ってみると、5月2日に初齢幼虫で回収。90ccカップに、セットに使っていた埋め込みマット(フジコン・ドルクスフレーク)を詰めたものに投入し、8月に一度エサ交換を行っている。この際用いたのも同じ銘柄のマットであるが、恐らくこのエサ換えの直後に蛹化が始まったのであろう。羽化は9月下旬なので、初齢で回収してから4ヶ月半程度で成虫になった事になる。
 2齢〜3齢期を暑い時期に過ごしたことが極小個体となった最大の要因であろうかと思うが、小さな容器を用いた事、やや乾燥気味の使い古しのマットをエサとした事もこの結果に寄与していると思う。また、フジコン・ドルクスフレークが比較的粒子が細かいマットであった事も、小型の幼虫が効率的に採餌するのに好都合だったのではないかと推察される。
 従って、パラレリの極小個体を得るには、

 1)高温(30℃前後)で飼育する。
 2)90ccカップを使用する。
 3)粒子が細かく、加水を抑えたマットをエサとして与える。
 4)エサ換えは蛹化直前に一度だけ行う。

 このような条件で飼育すると良いのではないかと思われ、これはホペイ、ビノ、アンテ等の大型種の小型個体を得る場合にも応用できそうである。

 さて、折角なので、我が家における最小の♂(16mm)と最大の♂(トルコ産35mm)を並べてみた。個人的にはトルコ産は亜種乃至は別種なのではないかと考えているが、ここではそれは置いておくとして、とても同じ種類の♂とは思えない絵である。どう見ても35mm♂の腹部よりも小さく、一見♀にしか見えないのだが、これでも立派な♂だというのが面白い。

 この個体が間違い無く♂であるという事は、上の右側の写真を御覧頂ければ分かると思う。大腮のつき方が、♀の場合、左右の大腮の間隔が狭く、従って頭楯の幅も狭いものになるのだが、この個体は明らかに幅広の頭楯を挟んだ、より広い間隔をもっているし、内歯も♀とは異なり、大腮上面に盛り上がるような、♂特有の形状である。
 一方頭部には♀のような1対のドルクス瘤が現れているが、これはドルクス属の小型♂には普遍的に見られる現象である。恐らく、中型〜大型個体ではこれが間延びして消失してしまうだけで、本来は雌雄共通の特徴なのだと思うが、やはり♀に顕著な特徴が現れているという事は、雌雄の性差を超えて、その祖先種の特徴が色濃く現れているという事なのではないかと思う。