2006.10.15(日) 晴 最高室温:26.7℃ 最低室温:24.5℃
■1年ぶりの割出し
 昨年10月14日に組んだセットを、丁度一年経過した本日、割出してみる事にした。つまり、この一年間、成虫のエサ交換以外はずっと放置していた訳である。

 何故このような事をしたのかというと、それは面倒臭かったから、ということではなく、材飼育の場合どうなるかを見てみたかったからである。先月下旬、埋め込みマットの底に設けられた蛹室内で1♀が羽化したのを確認したので、材の中でも既に羽化した個体が現れていると思われる。果たして1年放置して、材の中の個体はどのようになっているであろうか?

 材を割る前に、まずはマットの検分である。マットからは上述の1♀に加え、成虫1♂と3齢幼虫2匹、更に1♂2♀♀分の成虫の死骸が出てきた。この死骸は数からして恐らく親のF5であろう。
 F6幼虫と成虫は、元々マットに産みつけられた卵から孵化した個体なのか、材から抜け出て来たのかは分からないが、卵は直接視認できなかったので、恐らくは後者ではないかと推察している。

 材の状況は写真左のように、一皮剥くと食痕だらけ、という状態であった。木質が残っているのは両側の木口の部分と、中心の芯部、最表面の一層のみで、つまり、ガワと芯以外は全て食べ尽くされていた。
 この残った木質部の内、木口部分から1♀(写真右)、芯部から1♂1♀の成虫が得られた。また、表層付近の食痕中と芯部から3齢幼虫2匹も得られた。この事から、φ11cm、長さ14cm程度の材1本で養える個体数はせいぜい5匹程度であろうと考えられる。

 因みに、成虫のサイズは、マット/材共に20mm前後の小粒な個体ばかりであり、マットと材との間にこれと言った差は見られなかった。これはマットも材もいずれも過密気味だった事と、マットの銘柄が幼虫飼育用として格別に優れたものではなかった(フジコン・マルチブリードフレーク=主に成虫管理&埋め込み用)せいであると思われる。

 さて、これで材だけでも、サイズを問わなければ、時間はかかるものの、充分に成虫迄持っていける事が明らかになった。単に累代するだけであれば、この方法は幼虫のエサ交換等の手間もかからないので、最もお手軽な方法と言えよう。
 次は材一本に幼虫一匹という本格的な材飼育にトライしてみようと思う。今回の結果からすると、恐らく標準的な材一本で成虫迄もっていけそうである。材飼育は天然個体に近いスタイルのものを得られるとされているが、果たしてパラレリではどうなのか、材のみである程度のサイズの個体を育てて、菌糸やマットで育てた個体と見比べてみたいものである。