2006.10.23(月) 晴 最高室温:26.5℃ 最低室温:24.0℃
■極小パラレリ纏め飼い
 先日掘り出した♂16mmを筆頭に大量に得られたイタリア産極小パラレリ達を纏め飼いすべく、新たなケージを組んでみた。

 いずれも20mmに満たないような個体ばかりであり、このサイズになると、スタックSを2つに仕切った容器ではかなりスペースを持て余し気味となり、限られたスペースで飼育するには非合理的である。こういった極小個体であれば、ケンカをしてもたかが知れているので、個別管理するよりは、それなりの容器で纏め飼いしてしまうに限る。産卵木を入れておけば、産卵も問題無くしてくれるだろう。

 容器は17cm角のアクリル水槽をチョイス。20mm程度の極小個体10匹を住まわせるには丁度良い大きさである。
 一応、産卵セット兼にするつもりなので、底部にフジコン・ドルクスフレークを3cm程固目に敷き詰めた上に充分に加水したコナラ材を1本置き、これを全て埋め尽くす感じでマットを詰めてみた。
 表面にはエサ皿と転倒事故防止の為にヨーロッパナラの落葉を敷き詰めてヨーロッパ感をUP。小さいながらも数はいるので、エサは16gゼリーを半分に切ったものをエサ皿とは別に幾つか置いておいた。