2005.03.20(日) 
■チェゼーナ産幼虫
 本日、ユーロオオクワブリーダーの方から、パリ近郊産、スロバキア・ニタラ市産と共に、イタリア・チェゼーナ産幼虫が届けられた。有り難い限りであると共に、我ながら、最早引き返せない所にまで、ユーロオオクワにハマってしまったことを改めて実感した次第である。

 さて、チェゼーナと言えば、北イタリアの内でも南端に近い所に位置する街である。イタリア産ユーロオオクワは北部に原名亜種、中部以南に亜種のD.p.truquii が分布するとされており、北部と中部の境界にあたるチェゼーナ産がどちらになるのか気になる所である。

 幼虫は菌糸カップに一匹づつ投入された状態で送られてきた。実はキノコを食べるのも触るのも苦手な私は、クワガタを飼育しているクセに、これまで菌糸ビンの類をずっと敬遠してきた。油断するとすぐにキノコが生えてきて、こまめにそれを引き抜かないとならないと聞いていたからであるが、やはりこの道を歩むのに、菌糸アイテムを使わないのは片手落ちというものであろう。
 思えば、菌糸ビンを避けてきたとは言え、産卵木からシイタケが生えたこともあったし、マットから種類不明のひょろ長いキノコが生えてきたこともあった。結局どうあってもキノコとの付き合いを避けられないとあれば、菌糸ビンを敬遠する意義は薄いと言えよう。これを機に、考えを改め、世界を広げてみるべきなのかもしれない。

イタリア産INDEXへ