2005.05.04(水) 
■前蛹に
 イタリア・チェゼーナ産幼虫が早くも2匹共前蛹となった。2週間程前から蛹室めいた洞を作りはじめたので、よもやと思っていたのだが、今年の1月6日割り出しとのことであるので、産卵から約半年で前蛹となった計算となる。
 記録的な速さという訳でもないが、ドルクス系のクワガタとしては、まあ速い部類であろうと思う。こちらは菌糸カップでの飼育であるが、マット飼育のチェコ産でも半年程度で羽化した個体もいるので、菌糸/マットに関わらず、ある一定の条件が整えば成長を促進させることになるやも知れない。但し、同じ親から同じ時期に生まれ、同じ条件で育てられても、成長に時間がかかる個体もいるので、環境的な要因だけでなく、遺伝的な要因等も考慮する必要があるかも知れない。また、早目に羽化する個体の多くは小型になりがちであるので、仮に環境的な要因が大きいのだとすれば、こうした環境はクワガタにとって余り好ましいものではないと言えるのではなかろうか。

イタリア産INDEXへ