2005.05.27(金) 
■♂羽化!
 予想通り、♂が羽化していた。
 早速プリンカップから取り出してみると、カップ越しに見ていたよりも大きな個体に育ってくれていたようで嬉しい。内歯も立派であるし、大顎基部外縁のリムも比較的はっきりしている。腹が引っ込んで、体が固まらないと正確な大きさは測れないが、20mm台後半には達していそうである。

 さて、懸案のチェゼーナ産ユーロオオクワの亜種判定であるが、これも体が完全に固まってからでないと見た目の判断が難しい部分があるが、♂の前胸背板形状、♀の上翅のディティールを見る限り、どうやら原名亜種のようである。本来、亜種判定は交尾器等を比較してみないと断定はできないのであるが、外観から分かる範囲でも、フランスやスロバキ等の個体と比べて顕著に異なる箇所を見い出すことはできそうもない。

イタリア産INDEXへ